2012年12月9日

コーヒーの効果

Category: 日記 — admin @ 1:24 PM

コーヒーが好きなので1日に最低2回は飲みます。
冬はホットで夏はほとんどアイスで飲みます。
この毎日飲んでいるコーヒーですが、実はコーヒーにはいろいろなうれしい効果があるって知っていますか?

コーヒーには皆さんご存知の通り「カフェイン」が含まれています。
このカフェインは脂肪を燃焼させる効果があります。
脂肪を燃焼させる効果があるということなので、食事の前や運動前に飲むとより効果が期待できるそうです。

また、最近の研究ではなんと糖尿病の予防が期待できるという話です。
コーヒーを飲む人と飲まない人とで比較してみると糖尿病になる人がコーヒーを飲まない人の方が多いということがわかってきたそうです。
だからといって、毎日5杯10杯とたくさん飲むのはかえって逆効果です。
多くても1日に3杯までにしましょう。
カフェインには血糖値を上がらないようにする働きがあるそうです。
なので適当な量のコーヒーは体にいいと言われています。

カフェインには利尿作用があります。
コーヒーを飲むとトイレにいきたくなりませんか?
私はいつもそうです。
なので旅行に行くときは宿に着くまではあまり飲まないようにしています。
この利尿作用が体にとてもいいそうで、血液の循環がよくなります。
なので冷え性の解消にもつながるそうです。
また、利尿作用のおかげで体がむくみにくくなります。
女性は足のむくみきになりますよね。
むくみがなくなるのはうれしいことです。

後はがん予防。
今コーヒーとガンの関係性がわかってきたそうです。
先ほどの糖尿病と同じく、1日に何杯かコーヒーを飲む人はがんになる確率がぐっと低くなると言ったデータがあるそうです。
しかも、習慣的に1日に大量に飲んでいる人はもっとがんになる確率が低くなっているとか。
女性が気になる乳がんも同じです。
これはコーヒーにはポリフェノールがたくさん含まれています。
このポリフェノールには抗酸化作用があります。
これがガン予防につながるというわけです。
こらはコーヒー以外にもチョコレートや赤ワインにも同じような効果があるそうですよ。

他にもいろいろな体にうれしい効果がありますが、だからといってたくさん飲めばいいということではありません。
100害あって一利なしともいいます。
くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。