2012年12月7日

結婚・子供を考えている人へ

Category: 日記 — admin @ 6:22 PM

子育てには体力が必要。
子供をもってそれを改めて実感しています。
最近は晩婚の時代。
晩婚ということは初産年齢も上がってきているということになります。
35歳を過ぎての出産はさまざまなリスクがついてきます。
母体もそうですし、生まれてくる赤ちゃんへの影響も大きいと言います。
何かしらの障害を持って生まれてくる子が多くなるのがこの35歳というボーダーラインです。
だからといって、誰しもがそうだとは限りません。
でも、世の中が晩婚になっていっても、赤ちゃんを産むのは女性の体です。
体は年齢に比例するので元気な赤ちゃんを欲しいと思うなら早めの結婚と出産が望ましいですね。

出産するのが早い方がいいというのはもちろんのことなんですけど、出産した後の子育てもかなりの体力がいります。
私は28歳が初産でした。
そして5年後の33歳で2度目の出産をしました。
一人目が生まれて子供が大きくなるにつれて、親の体力もどんどん必要になってきました。
もちろん、生まれてすぐの夜中の頻繁な授乳もそうですし、2~3歳に多い夜泣きもそうです。
子供と遊ぶこともかなりの体力を使います。
子供が外出先で寝てしまったら、ベビーカーがいらない子ならおんぶして帰らないといけません。
そして2人目が生まれたらそれが2倍になるわけです。
二人の要望をきいて、二人の行動についていかなくてはいけません。
それだけじゃなくて、家事もこなさなくてはいけません。

最近は本当に高齢で出産する人が増えていますが、私は産むことはもちろんいいことだと思いますが、そのあとの「育児」にお父さんお母さんの体力がついていけるのかというところがとても気になってしまいます。
私でさえ毎日疲れた~とへとへとなのに、40歳や50歳で子供を持つお父さんお母さんは本当に大変だと思いますよ。
なのでできるだけ若いうちに子育てを終えるようにもっていくことをお勧めします。

とはいても、思うようにはいかないですもんね。
こればかりは神様が与えてくださるものですから。
でもね、出会いがないからとあきらめたりしないでくださいね。
出会いは自分で作るものです。
そして、自然な形での出会いじゃなくても、今は婚活パーティーのような出会える場があります。
自分のライフプランを考えて自分から行動してみてください。
何か道が開けるかもしれませんよ。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。